日本の林業隆盛期に、山武周辺に植林された杉は「山武杉」と言われブランド木材としての地位を確立していました。

そのため、多くの林野で盛んに植林されましたが、その多くが「非赤枯性溝腐病」を発症したため材としての価値を失いました。

その後、林業も衰退期に入り、価値を失った材を抱えた山林は放置され、結果益々の病気蔓延を招き森林は荒廃し現在に至っております。

地球温暖化問題や様々な自然災害など、森林を取り巻く環境は全国的にも非常に険しく在りますが、再び豊かな自然環境を取り戻し『大切な環境を次世代に受け渡す』ことが私たちの使命であると考えています。

失った価値を取り戻し森林再生を本気で願い、これからも活動していきます。


間伐材買取カレンダー



HOME




私たちは「元気森守隊(げんきもりもりたい)」です。

元気な森を作り、育て、守って行く!そんな意気込みを込めて団体名にしました。

ロゴマークはフクロウをモチーフにしています。

フクロウは「森の賢者」「森の番人」などと古来より言われています。

そんな賢者・番人になれるようにとの願いを込めています。





法人名
特定非営利活動法人 元気森守隊
所在地
千葉県山武市大木45−4
連  絡
0475-80-6628
代表者
上田 和志
設  立
2010年12月




                         

    元気森守隊公式ブログ     フェイスブック     ツイッター